いろいろ(自転車/VMWare/メモリ増設)

自転車
このところ、良く自転車に乗っています。 遠出(と言っても都内へ向かうくらい長くて往復50Km程度。 短いと30Kmくらい?)する場合も多いですが、出かけられない時はローラーに乗っています。 そんな訳で当社比としては以前にくらべて少しはマシになってきていると思っていたのです。

それでも、今日、久しぶりに甲州街道を帰宅していて様々な帰宅自転車派のみなさんと一緒になったんですが、もうみんな速すぎ!です。 もちろん、いじっぱりの私めは、ブロックタイヤのMTBをぶーんぶーん言わせながら転がしている訳ですが、そんなエクスキューズも微妙に通用しないような感じでして。 しかし、ホントに自転車通勤の方って多くなりましたね。 そしてみなさん結構いい自転車に乗っていらっしゃる!びっくりしました。 SPINERGY Rev-Xを見た時は目が点になりそうになりましたよ。 そんなホイール通勤に使ってイーの?! もったいなくない?

というわけで(どんなわけだ?)、最近の自転車系物欲はホイールです。 一時はロードバイクは売ろうと思っていたんですが、売る代わりに良いホイール(それでも前後で定価10万がMAXかなぁ・・・)を買おうかな?なんて思ったりしています。 ただ、そうなると逆に「このフレームにこのホイールはもったいない」とかそんな気持ちが出てきてしまったりして、そして結局何も買えないんですよね、きっと。 ホントはLookの565あたりを狙いたい気持ちもあるんですけどねー。 ま、軽自動車と似たような値段じゃ全く手が出ません。(笑)

いずれ、エンジン(つまり、自分です)がどの程度のもんになっているのか?を試すべく、以前に良くタイムを計測していた某坂へ行ってみようと思っています。 恥ずかしがり屋さんなので、夜中に試すんですが、実は米軍のゴルフコース脇(って書いたらどこだかバレバレですが)なんで、夜中に走るのはちょっぴり緊張するんですよねー。 もっとも米軍の人にとがめられた事は無いですけど、過去3回くらい警察方面の方に職質と防犯登録チェックをされました。 そりゃ、そんな夜中(午前2時とか)に自転車で走ってたらおかしいよね、普通。

VMWare
VMWare FusionでBOOTCAMPディスクを使っている話は以前に書いたんですが、どうにも一点だけ残念なところがあって、何かというと・・・
 ・ サスペンドできない。
のであります。 MacBookで使っていた時は普通にインストールできたので、サスペンド出来たんです。 ところがBOOTCAMPディスクが対象だとサスペンドのメニューがグレーアウトしてしまっていて、選択出来ないんですよねー。 起動時間が短くなるわけでは無さそうなんですが、それでもなんだか不便でして、これはとても残念に思っております。

MacBook Proにメモリ増設
MacBook Proは何故かParallels Desktopを使っている私ですが、どうにももっさりした反応で使用感覚からいくと、マシンの搭載メモリが同じ2GBならばVMWareの方がサクサク感がありました(自分には)。 ネットで幾つか検索してみるとParallelsの方が良いっていう記事が多い印象だったんですけれども。

ただ、せっかくParallelsも買ったんで、サクサク動いて欲しいよなーっていうのと、先日どこかのブログでMacBook Proで同時に150のアプリが動いているっていう記事を読んで、「おーそりゃすごい」って思ったんですが、搭載メモリが4GBだったんですよ。 これは、是非とも私も4GBにしたいと思っていろいろと検索してみたら、なんか私の知らないうちにメモリがえらい安くなっていて、2GB二枚で1万円切ってるところを発見! 品質の問題など微妙に気にはなったんですが、エイヤッ!と発注してさっそく搭載しています。 これでParallelsにも1GBのメモリを割り当ててみたら、これがすごく快適でした。 いや〜メモリってホント効きますね。

と、言うわけでだらだらとこのところの様子などを書いてみましたよ。 たまにはこんなんでも良いかと。(^^)/