concrete5でコアファイルのオーバーライド(ができない( ;∀;))

先日のブログにチラッと書いたんだけど,concrete5の filterByAttribute という機能が期待通りの動作をしてくれなくて,いろいろと調べてみた結果問題箇所(仕様じゃないと思うけど)を見つけた.

concrete5の優れている部分の一つに,コアファイルまで含めて(おそらく)ほぼ全ての機能をオーバーライド出来るところが上げられる. 自分も標準で提供されるブロック等はオーバーライドして便利に使ってる.

ただ,filterByAttributeの挙動はある程度オーバーライドが前提になっている箇所ではなくて,コアファイル群なので最初は出来ないのかな?と思ってた. ところが公式のサイトには次のようなページがあって,どうやらコアまで含めてオーバーライド可能らしい. グレートだぜ!concrete5! ということで挑戦してみたんだけど・・・

“concrete5でコアファイルのオーバーライド(ができない( ;∀;))” の続きを読む

concrete5(8.5.2)のfilterByAttributeバグあるよね?

concrete5というCMSを使っって仕事をしている. なかなか良い感じだと思うんだけど例によってイキナリ自己流でガリガリ作り始めてしまうのと,デザイン〜HTMLコーディングは別の方が作業してくださるので”concrete5的に良い感じ”になっているわけじゃないので,いろいろと「これ,ベストじゃないよなぁ・・・」と思いつつ作業している.

「ベストプラクティス」を知りたいとは思えども,重度のコミュ障(普通の人が想像するコミュ障なんてカワイイもの)なので,他人と話が出来ず,ネットをさまよってしまうばかりなのが悲しい.


いや,違うんだ,今日はそんなことを書きたいんじゃなかった. concrete5で,ページを絞り込みたい時(ソートと抽出をごっちゃにする人がすごく多いと感じるんだけど,それもまた別の話か),ページリストに対して次のように絞り込みを掛ける構文がある.

例: $pageList->filterByAttribute('tags', 'カメラ', '=');

こんな感じ. なんだけど,上記の例でいうと tags という属性に対して ‘カメラ’というタグが既に登録されていれば絞り込まれる. ところが,もともとタグの中に’カメラ’が存在しない(過去タグにカメラが登録されたことがない)場合,こちらとしては空のリストが生成されるのを期待しているんだけど,何故か「全件」が抽出されてしまう.

“concrete5(8.5.2)のfilterByAttributeバグあるよね?” の続きを読む

ファイルアップロードのタイムアウト

まったく不勉強で,もう一箇所チェックしなくてはならない箇所があったとは!( ;∀;) ただしApache 2.4限定(かな?)

RequestReadTimeout header=20-40,MinRate=500 body=20,MinRate=500

犯人はこいつでした. どこに20秒なんて書いたっけ?ってずっと悩んでしまった. 解決したので良かった. 備忘録です.

RequestReadTimeout header=20-50,MinRate=500 body=60,MinRate=500

こっちが設定値.(前のはデフォルト値)

WordPressでRewriteを書きまくる話

どうもこのところ立て続けにWordPressの仕事をしているので,どうしてもそれ絡みのネタが多くなってしまう.(;・∀・) 今回はURLの書き換えに関して.

WordPressにはデフォルトで実装されているURL生成の仕組みがあって,基本的にはそれに従って欲しいんだけど,クライアントの要望でWordPressのデフォルトのURLでは全然ダメなケースがこのところ頻発.

仕方ないので,functions.php に add_rewrite_rule を書きまくって対応しているんだけど,どう書けば良いのか迷った件が幾つかあったので,メモしておこうかと.(長いです)

“WordPressでRewriteを書きまくる話” の続きを読む

複数バージョンのMySQLをサーバで動かす

いまだったらDockerだろう?って話だとは思うんですよ. 思うんだけど,今回試そうとしたサーバにはDocker入れてなかったので.

やってみれば手順はすこぶる簡単だったので,メモとして置いておきます.(注:X Protocol周りはスルーしてます)

希望のバイナリをMySQLのサイトからダウンロード

https://dev.mysql.com/downloads/mysql/ ここから希望のバイナリセットをダウンロードします. 自分は仕事の関係で 5.7.24(ダウンロードファイルを選択するボックスに右上にある”Looking for previous GA versions?”をクリック)と,今回の検証用で 8.0.13をダウンロードしました. 特に注意点は無いけど自分のサーバが 32bitなのか64bitなのかは確認した方が良いかも.

とかでしょうか. 自分は念の為調べてみたら32bitでした. なので例えば8.0.13であれば

でサーバにダウンロードしました.

“複数バージョンのMySQLをサーバで動かす” の続きを読む