都心を歩く

最近全然自転車に乗ってません。 久しぶりにローラーに乗ってみたら明らかに脚が衰えていてホントにガックリ来ました。 で、埋め合わせというわけでも無いのですが、最近都心での打ち合わせから打ち合わせへの移動時に歩いている事が多いです。

最初は外苑前から表参道といった軽めの距離を歩いていたのですが、最近どうも打ち合わせと打ち合わせの間が空くことが多く、このところの記憶をたどると・・・

・ 二重橋 〜 六本木
・ 六本木 〜 外苑前
・ 外苑前 〜 六本木
・ 神楽坂 〜 築地 〜 勝どき
・ 神楽坂 〜 二重橋

といった感じで、だいたい1時間くらい(六本木〜外苑前は30分くらいか)都心をトボトボと歩いています。

寒くなって来ましたが、歩いていると体が徐々に暖まってきてなかなか良い感じです。 一人で喫茶店に入ったりするのが少々億劫に感じるほどの酷い人見知り人間なものですから、打ち合わせから打ち合わせへの空き時間は、だいたい歩いて消化しています。

せっかくちょっとはマシなカメラ付き携帯を入手した訳ですから、移動中の写真でも・・・と思ったのですが使い手がダメだと、こんな感じにしかならなくて。 写真は桜田門付近から振り返った丸の内あたりです。

DELL INSPIRON Mini 9 のパイロットランプが眩しいのと、キーボードの問題点。

新しい携帯で撮ってみたんですが、なんかイマイチですね。 とはいえ、タイトルの通りでして、パイロットランプが私にとっては異様に眩しいのであります。使っているのが辛いくらいなので、何かテープを貼ってしまうつもりです。 これほど明るくなくても良いかと。 Macのパイロットランプを眩しいと思ったことは無いので、パーツの選択がテキトーなのか、或いは価格の関係なのかもしれないですけれどもね。

ところで、HPが新たに発表したミニノートが早くも気になってます。(^^;

MINI 9は愛すべきマシンなんですが、キーボード上の幾つかの良く使う記号のキーがfnキーとの合わせ技になってましてこれがかなり辛いのです。 特にUNIX系の仕事をするときにfnキーと併用ってのはどうにも・・・。 というわけで、あまり紹介されていない様なのでキーボードの細部の写真をアップしておきます。


キーボード左側の様子。 バッククォートとチルダがfnキーとの併用になっている。


右側はパイプ記号や中カッコ、大カッコがfnキーと併用なのが辛い。中カッコは良いんですが、せめて大カッコは・・・。 もちろん、バックスラッシュも。 ただ、キーボードに工夫が必要なのは判るので、別のキーとのトレードオフにはなるのだと思いますが。

と、いうわけで、あまりUNIXのコンソールを扱う方にはお勧めできないマシンだと思います。 HPの新しいヤツはこのあたりの処理はどうなっているのか興味津々であります。

余談ですが、UNIX系ユーザ御用達の様に言われているハッピーハッキングキーボードに関しても私は疑問に思っている配置があります。 ずばりチルダとバッククォートの位置がそれ。 初期のワークステーションのキーボードは知りませんが、おそらく多くのASCII配列のキーボードは同キーが一番左端の上にあるはずなのです。 ところが、HHKはこともあろうにこのキーを右端に移動してしまっているのです。 これがどうしてもこのキーボードを許せない原因なんですねー。

カーソルキー(はHHKではfnキーと併用)なんて無くても良いんですけどね。(初代のマックにもカーソルキーは無かったし、それでも全然困りませんでした。 もっとも意味は全然違いますけどね。;-))

G-SHOCK携帯

別にG-SHOCKが死ぬほど好きって事は無いんです。
自分が若かった頃は、ブームになって「???」ってくらいの価格で取引されていたのも知っているんですが、そのブームとも無縁でした。

ただ、これらの携帯に内蔵されているアプリの仕事に携わる機会があって、巡り巡って現在この2台が稼働中という事になりました。 右のG’zOne Type-Rでは、liveearthというアプリの開発時にシステム・ディレクタとしてプロジェクトに参画すると同時に、内部の主に日影描画のロジック部分を構築しました。 左の現G’z One携帯では、この携帯でしか使えないG’z GEARというアプリで、やはり天文計算に関わる部分に携わっています。

実は最近、相次いで携帯のサイトも作らなくてはならい仕事に関わっており、対象機種が話題になった時に、自分が日常的に利用しているG’z One Type-Rは対象外の機種であることを知りまして、やむなく寝ていた回線を起こして機種変更した訳です。 現在の携帯のシェアのうち、98%は3GかFOMAだとは・・・全然知りませんでしたよー。

と、言う訳で、最新携帯に久しぶりに機種変更していろいろと試してみています。 もっとも、これでテレビは見ませんね・・・というか、そもそもテレビは見ないんですけれどね。;-)