WordPressでRewriteを書きまくる話

どうもこのところ立て続けにWordPressの仕事をしているので,どうしてもそれ絡みのネタが多くなってしまう.(;・∀・) 今回はURLの書き換えに関して.

WordPressにはデフォルトで実装されているURL生成の仕組みがあって,基本的にはそれに従って欲しいんだけど,クライアントの要望でWordPressのデフォルトのURLでは全然ダメなケースがこのところ頻発.

仕方ないので,functions.php に add_rewrite_rule を書きまくって対応しているんだけど,どう書けば良いのか迷った件が幾つかあったので,メモしておこうかと.(長いです)

“WordPressでRewriteを書きまくる話” の続きを読む

WordPress5にしてみましたよ

とりあえず何かあっても影響が殆ど無い(やばければ閉じれば良いだけな)このブログをWordPress 5.0 にしてみました. なるほど,この編集画面はかなり分かりやすい気がする.

プログラマとしては,今後Gutenbergの↓このパーツを作る事になるんだろうなぁ,と予想.(;・∀・)

“WordPress5にしてみましたよ” の続きを読む

WordPressの本番環境へのDB移行メモ

(追記:2018.12.23)
下の記事はやや混乱していて,テスト環境から本番環境へのドメイン名の変更の問題と,本番環境での http:// から https:// (いわゆるSSL化)とが混在して書かれています.
結論だけ書いておくと:
テスト環境(http://test.jp/ )から本番環境(https://production.jp/ )への移行でしたら Duplicator で全く問題無し. 本番環境での(いわゆる)SSL化でしたら, Velvet Blue Update URLs が良いのではないかと思います.

それほど派手な環境でなければ,実はviで ,$ s/old_site_url/new_site_url/g みたいなコマンド一発でもダメじゃない場合もなくはないんだけど,この方法はNGだと公式にも書かれているし,Widgetsをバリバリ書いたりしてると実際NG.(NGな理由はPHPのシリアライズ絡みで,説明してくれているブログが5,000くらいはありそうなので略)

そこで,通常はプラグインやCLIを使うんだけど,ちょっとハマった気がするので実際の動作を検証した上で後ほどブログにメモを残しておきたい.

ちなみに比較利用したツールは下記の上3つ.

  1. Duplicator
  2. Search Regex
  3. Velvet Blues Update URLs
もっと読む

ZIP圧縮ファイルをアップロードできない?(WordPress)

結論:ファイルのアップロード可否は拡張子のホワイトリストで管理されているのですが,WordPressをマルチサイトで運用している場合,このホワイトリストが「サイトネットワーク管理>設定」画面の中で「アップロード可能なファイル形式」として半角スペース区切りの文字列として管理されているのでした.
“zip”はデフォルトではこのリストの中に無いので,ここに追加して「変更を保存」すればOKです.


WordPressはサイト構築のツールとしてよく利用されるのですが,資料としてZIP圧縮したファイルをアップロードしようとしたらアップロード出来なかったのだが,原因判りますかという連絡を頂きました. 普段は画像ファイルくらいしかアップロードしていなかったのでこれまで気が付かなかったとのこと.
“ZIP圧縮ファイルをアップロードできない?(WordPress)” の続きを読む