MacworldでApple最後の基調講演まであと少し

なんでこんな事を書いているかと言うと、昨年の基調講演でMacBook Airが発表されて講演の30分後にはAppleStoreで買ってたんですよ。(AppleStoreの負荷が無ければ10分後には買ってたハズ:笑) その後1ヶ月ほどで待ちに待ったAirが到着した時の様子がこのブログの最初に記述されてます。

あれから1年経ったんですが、初代Airは快調に活躍中。 その後は”某所の踏み台サーバ用”にMac miniを入手した以外はAppleからは特に買い物はせず、iPhoneもiPod touchもなんとな〜く手に入れないままに最後の基調講演を向かえてしまった訳です。

噂レベルだとアルミ筐体のMacBook Proが出るのでは?というのと、とうとうMac miniがリニューアルされそうだというあたりが本命でしょうか。

仕事のメインで使っているMacBook Pro 17inchは特に性能面で不満が出るでもなく、外部ディスプレーとTime Machine用のHDDを接続されて「でっかいデスクトップ機」として日々活躍中ですし、これといったサーバが必要な訳でも無いので、今回は落ち着いて速報を楽しみたいと思います。

20090106shibuya

写真はすっかり渋谷駅の一部となった「明日の神話」。 これでほぼ60%くらいしか写っていないんですから、巨大です。 でも頻繁に前を行き来しているとなんというか、目に入らなくなってくるんですよね。(私は井の頭線から、JRか銀座線に乗り換える事が多いんですが、いずれにせよ必ずこいつの前を通る訳で)

今日まじまじと見てみたんですが、雑踏の中ではあまり落ち着かない。 作者本人の意図は判らないものの、広い美術館のロビーのような場所(つまりもう少し静かな場所)で見たいなぁと思う私であります。

(追記:2009-01-07 04:10)
結局ハードウェアで発表されたのはアルミ筐体の17inchMacBook Proだけでしたね。 バッテリ交換が自分では出来ない仕様になってますが、これは許容できると私は考えます。 なかなかぐっとくるバッテリ話のビデオをアップルのサイトで見ることができます

私のメインマシンは1年半前に買った17InchMacBook Proなんですが、まだまだ現役バリバリなので、今回も見送りで。 17inchは持ち歩かないのでバッテリの寿命は私にとってはそれほど問題では無いのでした。

それにしても、AudioをLiveで流す人がいて、それを聞きながらTwitterで検索掛けて読んで、時々EngadgetのライブをReloadしていれば、殆どライブで情報を得ることができるのですから、凄い時代になったものです。

(追記:2009-01-07 13:30)
Keynoteのビデオが既に公開されてますね。